坐骨神経痛 治療

坐骨神経痛の治療とストレッチ

知って得する坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛治療について解説します。 『歩いたり座ったり』 ということが制限されることが多く、日常生活に大きな支障をきたします。坐骨神経痛は症状であり病名ではないので坐骨神経痛の治療を行う前に、坐骨神経痛を引き起こしている腰痛の原因を探し出しその後、坐骨神経痛の治療を行います。 原因疾患に関わらず、まずは症状を緩和する対症療法が主体です。日常生活の指導→薬物療法→理学治療→ブロック注射の順で治療を進め、それでも痛みが軽減しない場合や歩行障害、麻痺といった他の神経症状を合併する場合に手術が行われます。 重度の症状を患っている人に対しては、即手術という可能性もありますが、それ以外の人は保存療法を行うことで、8割近い人に症状の改善が期待できるそうです。 最も簡単で効果的なのが安静にするということです。 一見すると療法でも何でもないように思えますが、人間の体には自分の力で治すという力が備わっており、安静にすることで患部への刺激を減らし、自然治癒の効果を早めることができます。安静にするということは、立派な保存療法といえるのです。 法坐骨神経痛では強い痛みを伴うこともあります。 安静にしていてもなかなか痛みが引かない場合などには、鎮痛剤などを服用することで痛みを抑えることができます。また、炎症により神経が圧迫されることで、坐骨神経痛の症状が出ている場合もありますので、抗炎症剤・消炎剤などが有効な場合もあります。 そして、鎮痛剤などを服用しても痛みが治まらない人に有効とされているのが神経ブロックです。圧迫を受けている神経や、その周りに低濃度の麻酔薬などを注射することにより、脳に伝わる痛みを一時的に遮断(ブロック)することができます。 痛みを伝わらなくさせる他にも、神経の周りの筋肉を和らげる、炎症を抑える効果も期待でき、血流も促進されることから痛みの根本的な部分に対して治療を行うことができます。 他には考えられる坐骨神経痛治療法とは、筋肉をほぐし、血行を良くする役割の強い温熱療法も効果的です。病院や整体などでは主に、ホットパックや遠赤外線、マイクロウェーブなどの機器を使って患部を温めるのが一般的です。自宅で手軽にできる半身浴はリラクゼーション効果も期待できます。 しかし、何でも温めれば良いという訳ではなく、ぎっくり腰などの急性の腰痛は炎症を伴うものもあり、温めることで痛みなどの症状が長引く場合がありますので、逆に冷やす必要があります。何事も独自の判断で行うのではなく、医師と相談した後に行うようにしましょう。